年に1度の健康診断を受けました

社から健康診断を受けるよう通達があり、
年に1度の健康診断に行くことになりました。

 

 

 

健康診断は、行きたくないのが本音です(p_-)

 

 

 

胃を検査するバリュームも嫌いなのですが
それ以上に、肝臓の健康数値が分かってしまう
血液検査が嫌なんですね。

 

 

 

なぜなら、肝臓の健康状態を表すγ-GTPの数値が標準値より異常に高く
その事実を受け入れたくないからなんです。

 

 

 

γ-GTPは標準で80u/lなんですが、私の場合は100u/lはあたりまえ。
100くらいなら良い方で、平均して200u/lくらいは普通にあります。

 

 

 

一般的には、肝臓が弱っていて危ないレベルという診断。

 

 

 

こんな状態が10年以上続いているわけです。

 

 

 

通院しているのか?といえば病院で薬をもらっているわけでもなく
もっぱら食事療法をするくらいです。

 

 

 

食事療法といえば聞こえはいいですが、
特に何か制限があるわけでもなく暴飲暴食をしている毎日です(^^;

 

 

 

おかげで、γ-GTPの数値は改善どころか悪くなる一方です。

 

 

 

さすがにマズいと思いつつも仕事終わりのビールはやめられず
なんの改善も見られていません。

 

 

 

仕事の後のビールはやめられないですよ。

 

 

 

夏場のギラギラ太陽の元で汗をかいて、
居酒屋でビールを一杯!

 

 

ぷはぁ〜

 

 

幸せを感じる瞬間といっても過言ではないですよね(^-^)

 

 

お酒好きなんですよ〜

 

 

 

さて、そんな背景があるため私は健康診断にいくことが嫌なのです。

 

 

 

健康診断当日の朝。

 

 

 

検便も2日分用意(実は、今朝の分を2回分として毎年カウント(^^;))

 

 

 

γ-GTPの値が低くなっている無謀な希望を秘めて
いざ、健康診断へ!

 

 

 

そして、いきなり血液検査からスタート。

 

 

 

ドキドキしながらも注射器に吸いとられて、
登ってくるサラサラ?の血に願いを込めながら見ていると

 

 

 

なんだか気持ち悪くなってきたので
いつも通り、別のところ見て気を紛らわし乗り切りました。

 

 

 

さて、個人的には、第二関門の胃の検査。

 

 

 

バリュームが極端に嫌いで飲めないのです(^^;

 

 

 

まず、炭酸の粉!あれ、なんですか?

 

 

 

炭酸の粉を口に含んで、水飲んでゲップをするな!という無茶な要求。

 

 

 

だって、コーラー飲んだらゲップ出るでしょ?

 

 

 

コーラーレベルの炭酸なら可愛いものを、
白いバリュームを飲む前に飲む白い粉の炭酸の威力は
コーラーの2倍はありますよね?

 

 

そんな炭酸粉も、吹き出す始末(p_-)

 

 

 

吹き出すと涙が止まりません。

 

 

 

しかし!検査員のババアは急かします。

 

 

 

ババアへのイラ立ちを抑えつつも
苦しみを耐える方がきつく

 

 

 

追い打ちをかけるように白いバリュームを飲まなければならない
恐怖が襲いかかってきます。

 

 

 

覚悟を決めて、
すごくゆっくりとバリュームを飲むと

 

 

 

去年よりサラサラ感が増した感じで、
思ったよりに体にスッーと入っていきました。

 

 

 

これはラッキー!
 

 

 

去年は、ドロドロで喉を通らず、
半分くらい飲んであまりにも時間がかからるから検査員の人に

 

 

 

”そこまででいいから検査を進めます”と言われる始末(^^;

 

 

 

で、無事に台の上で転がり、
出そうになるゲップをこらえつつも、
なんとか原始的な検査も終わり下剤をもらい待合室へ。

 

 

なんすっか、あの台の上をコロコロと前を向いたり後ろを向いたり。
医療技術が発達しているのですから、
コレなんとかしてほしいものです。

 

 

 

さて、待合室で待つこと15分くらい。

 

 

 

検査結果を聞くため医師の人と面談です。

 

 

 

 

早速、血液検査の結果を見ながら医師の方は言いました。

 

 

 

肝機能数値が高いですが、昨日お酒を飲みましたか?

 

 

 

いつからこんなにγ-GTP値が高いのですか?など質問を受けて

 

 

専門機関に早急に行くように言われました。
健康診断検査結果

 

 
・ γ-GTP482u/l(基準値:80位以下)
 
・ALPが535u/l(基準値:325以下)
 
・LAPが226u/l(基準値:80以下)

 

うわぁ〜、数値が過去最高を更新!!!!

 

 

これ、やばい、かなり、やばい・・・・

 

 

 

数値をみせられて絶句!

 

 

 

ちょうど、お昼でこの後、健康診断を受けた病院で
ランチを楽しむ予定でしたが、
食欲も失せるレベルの結果。

 

 

 

無料なのでとりあえず、
ちょっとおしゃれなお店の病院ランチを食べつつも
味を楽しめず、少し残して病院を出ました。

 

 

 

帰りの電車では、放心状態。

 

 

 

これから、どうなっていくのだろう。。。。
俺の体どうなってるの?

 

 

 

少し感傷的になりつつも、
何とかしないといけないという意欲は出てきました。

 

 

肝機能の最終結末は、
肝硬変という恐ろしい病気であることを知っているので、

 

 

 

何とかするぞ!っと40代サラリーマンの固い決意?が
沸々と沸き上がってきました。

 

★γ-GTPを2ヵ月で200下げることに成功したサプリメント★

 

=>しじみパワーは超強力でした(^^;

 

=>奇跡の野菜と言われる明日葉は、コレ!

 

 

>>>次につづく。