夜の仕事(キャバクラ・クラブ・スナック)でお酒を飲むのがつらくなってきたら注意!

 

 

キャバクラ、クラブ、スナックで働く女性は、ゴクゴクお酒を飲むことが仕事でもありますよね。

 

 

お酒を毎晩飲むと年齢に関係なく、量にもよりますが体に悪い影響が出てきます。

 

 

肌荒れ、プチプチニキビなど表面的に感じられる症状から、体内全体に現れる症状まで、人それぞれです。

 

 

また、アルコールアレルギーの場合は腰痛や足のしびれなどを引き起こす事例もあります。

 

 

仕事なので仕方なくお酒を飲むことも多いのではないでしょうか?

 

 

飲みたくないけど、飲まなければいけない。

 

 

体は拒否しているのに、そこへアルコールを体内に入れることは非常に負担になっていることは分かっていると思います。

 

 

これは、肝臓が弱っているからです。

 

 

お酒と肝臓。

 

 

これは非常に関係が深いです。

 

 

二日酔いになったり、ならなかったり。

 

 

昔はお酒が強かったけど、今は少量のアルコールで酔ってしまう。

 

 

肝臓が元気であれば、二日酔いは少なくなります。

 

 

逆に肝臓が弱っていると、二日酔いしやすくなるという傾向があります。

 

 

 

肝臓はアルコールを分解する臓器。

 

 

簡単に説明しますと処理能力が追い付かず、
肝臓の働きが落ちて、やがて肝臓の周りに脂肪が付き、脂肪肝という状態になります。

 

 

肝臓が、ブヨブヨのフォアグラ状態になっている状態です。

 

 

肝臓は、沈黙の臓器と呼ばれているくらいなので
この時点で大きな症状はみられません。

 

脂肪肝→アルコール性肝炎→アルコール性肝硬変

 

このようなステップで悪化していきます。

 

 

アルコール性肝硬変になれば、重症です。
死に至る恐れがある危険な状態です。

 

 

脅すわけではありませんが、それくらい大事な臓器です。

 

 

でも、毎日お酒を飲んでいて、調子が悪いから
もしかしたら肝臓が弱っているのかしら?と落ち込むことはありません。

 

 

弱っているのであれば、正常に戻してあげればいいのです。

 

 

 

では、肝臓を元気で健康な状態にするにはどうしたらよいか?

 

 

それは、お酒を飲まないことです!

 

 

え?それ、無理(^_^;)

 

ですよね?

 

 

アルコールを飲まないことが肝臓の回復には効果的です。

 

 

でも、キャバクラ、スナック、クラブの夜の仕事している方にとってお酒を飲まないようにするのは、ちょっと難しいですよね。

 

 

でも、大丈夫です。

 

 

お酒を飲みながらも肝臓を健康にする方法があります。

 

 

それは、肝機能を高めることです!

 

 

どのようにして肝機能を高めるかといいますと、肝臓に良い成分を体内に取り入れてあげることです。

 

 

肝臓に良いとされている成分は、「オルニチン」といいます。

 

 

聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

 

オルニチンは、アミノ酸と呼ばれる仲間のひとつで、肝臓には非常に相性が良く、元気にしてくれる作用があります。

 

 

肝臓が元気になると、アルコールを処理できる量も増えるため、二日酔いしにくい体になっていきます。

 

 

逆に肝臓が弱っているとアルコール処理能力がおちて、同じお酒の量でも二日酔いしやすい体になります。

 

 

肝臓が元気になると、体が健康になってる?的なことを実感することができます。

 

 

いわゆる、スッキリ感です!

 

 

この体をスッキリしてくれる”オルニチン”ですが、じつは「しじみ」に大量に含まれています。

 

 

その他にも、マグロやチーズといった食材にも含まれていますが、しじみに含まれている量に比べると少ないです。

 

 

ただ、しじみで肝機能を正常化するには、毎日たくさんのしじみを食べなくてはなりません。

 

 

量でいえば、毎日1000個です!

 

え?1000個?

 

そんなに無理!無理!

 

 

そうですね(^_^;)

 

 

ですので、しじみエキスが凝縮されたサプリメントを利用することで問題は解消されます。

 

 

 

しじみサプリメントを毎日飲むと、どうなるか知っていますか?

 

 

はい、まず数日で朝起きたときの感覚が違うことに驚くことでしょう!

 

 

そう、ダルさがほとんど感じられず、軽い感じがします。

 

 

これだけでも、しじみサプリメントを飲むメリットは十分にあります。

 

 

よくテレビや雑誌でしじみのサプリメントを見かけたりしませんか?

 

 

そう、それです。

 

庶民的な食材でこれほどまで昔から愛用されている食材は「しじみ」以外にそれほどないくらいです。

 

 

それくらい、「しじみ」という食材は肝臓にとって素晴らしい栄養素を含んでいるということですね!

 

 

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるくらいなので、健康になってもとくに何かを感じることは難しいです。

 

 

 

ですので、肝臓の健康状態を知るには、血液検査で肝臓の数値を計るしか方法があります。

 

 

 

γーGTPやALPといった項目が肝臓の健康状態を示します。

 

 

こんな感じです。

 

 

なんと、γーGTPが678です。

 

 

詳しくはこちらの記事で。
=>http://kiyadango.com/gtp-izyouchi.html

 

いや〜焦りました(^^;

 

・中性脂肪が335で標準値の2倍以上

 

・ALPは526で標準値の2倍

 

・γ-GTPが678で標準値の
 
 
・・・・なんと13倍!!

 

 

これは、私の検査結果なのですが、脂肪肝の状態です。

 

 

もちろん、ただいま「しじみサプリ」を毎日飲んでいます。

 

 

カプセルなので、味はしませんが、カプセルを割って飲んでみると、その濃さは飛び上がるくらい濃縮されていることが分かるレベルです。

 

 

 

もし、あなたがアルコールの飲みすぎで体のダルさなどを感じるようになったり、お酒が弱くなったなぁと感じるようになったのであれば

 

 

早めに「しじみ」を試してみてください。

 

 

 

肝臓はひどくなりすぎてしまうと、もう回復ができない臓器なので、症状が軽い段階で対策するようにしましょう!

 

★γ-GTPを2ヵ月で200下げることに成功したサプリメント★

 

=>しじみパワーは超強力でした(^^;

 

=>奇跡の野菜と言われる明日葉は、コレ!