何となく疲れやすい、、、と感じたら注意です!

普段から人より体力がないのかな?仕事や遊びに限らず、何か行動すると、すぐに疲れを感じることが多い。。。

 

 

そして、眠気も人一倍感じるような気がする。。。。

 

 

このような症状を、あなたは感じていませんか?

 

 

普段、忙しい毎日を過ごしているサラリーマンのあなたは、ちょっと疲れが貯まっているだけだろうと思い込んでいませんか?

 

 

実は、このような症状が見られる時は、体の何らかの警告であり、おおむね肝臓が弱っていることが多いです。

 

 

とくに、働き盛りのサラリーマンともなれば、責任ある仕事に加え、お酒を飲む機会が増えると思います。

 

 

さらに、睡眠時間も短くなりがちで、仕事の重圧で睡眠が浅くなる方は少なくありません。

 

 

肝臓が弱ってくると、第一段階として疲れを感じやすくなり、体がだるくなることもあります。

 

 

この症状をそのまま放置しておくと、肝機能が次第に低下し、肝機能健康数値を示すγ-GTPやGOTといった数値が上昇してきます。

 

 

年に1回の健康診断でも分かりますが、いまはこのような手軽にできる検査キットもありすぐに健康状態を知ることができます

 

>>>γ−GTPの数値が自宅で分かる!検査キットです

 

 

一般的にγ-GTPの標準数値は、60程度ですが、私の場合は、500近くあることもありました。

 

 

500という数値は、肝硬変に向かって一直線といた危険な状態といっても良いかと思います。

 

 

ただ、500であっても肝臓が痛みなく何か違和感を感じることもありません。

 

 

肝臓は沈黙の臓器と言われていますが、肝臓がほろびる直前まで全力で働きつづけ、痛みを発することはないと言われています。

 

 

痛みを感じるような状態であれば、もう手遅れの状態であることが多いそうです。一般的に急激に悪化することは少ないですが

 

 

殆どの場合は、習慣的に肝臓へ負担をあたえたため肝機能数値が常に高い状態である人であれば、肝硬変になる確率も高くなります。

 

 

ですので、このような状態にならないためにも普段から肝臓を労わるようにすることが大切になります。

 

 

健康診断で少しでも肝機能数値が高い数値を示した場合は、あなたの今の習慣を見直す必要があります。

 

 

私の場合は、続けることができないタイプの人なので、こういった運動や食品でγ-GTPを下げることができました。

 

参考にしてください。

 

>>>私が毎日コツコツと続ている3つの対策です!